肩 筋トレ 効果

逆三角形の体のラインを意識してか、肩の横側を刺激するサイドレイズにトレーニングが偏りがちな方をジムで見かけます。もちろん正面から見たときに広い肩幅をつくるにはサイドの筋肉を鍛えることは有効ですが、横側から肩の筋肉を見ると楕円形に形が悪く見えることは多々あります。

肩の筋肉である三角筋は前側、中部、後部の3つで構成されていて、それぞれをバランスよく鍛えることで、横から見たときに形が整った肩に見えてきます。

肩の前側の筋肉は胸の種目であるベンチプレス、肩の後部は背中の種目にも関与しているので、トレーニングメニューを組むときは、そのことも考慮すると少ない種目数で多くの筋肉を鍛えることに繋がります。

自宅でシンプルにダンベルで肩を鍛える場合は
・前部:フロントレイズ
・中部:サイドレイズ
・後部:リアレイズ
が取り入れやすい組み合わせです。